ミュゼ 立川

立川のミュゼ情報

 

立川南口店

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

<住所>〒190-0012 立川市曙町2丁目6-10 ナカムラビル5F

 

<アクセス>JR線 立川駅(南口)から徒歩3分

 

<営業時間>10:00〜20:00

 

<定休日>なし

 

<駐車場> なし

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

立川北口店

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

<住所>〒190-0012 立川市曙町2丁目6-10 ナカムラビル5F<アクセス>JR線 立川駅(北口)から徒歩2分<営業時間>10:00〜20:00

 

<定休日>なし

 

<カード利用> 可

 

<駐車場> なし

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

周辺のミュゼ店舗情報

 

八王子東急スクエア店

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

<住所>〒192-0083 八王子市旭町9-1 東急スクエア10F

 

<アクセス>JR線 八王子駅(北口)から徒歩3分

 

<営業時間>10:00〜20:00

 

<定休日>なし

 

<カード利用> 可

 

<駐車場> なし

 

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!

 

夏といえはやっぱり海ですかね。
海と言えば、水着でしょう。
女子にとっては若くても、おばさんでも、おばあさんでも水着はお洋服、ファッションです。
どんな水着にするか、好きな水着を着るためにダイエットしたり、お肌のお手入れをしたりしますね。
若い子たちは、流行最先端の大胆水着をどんどん着て、楽しんでもらいたいものですね。(あ、私は女性ですよ)
主婦だって、主婦なりにおしゃれな水着を着たいものです。(そういう私も40代主婦…)
確かに体系が崩れている主婦、主婦でありながらも努力の成果か、ナイスバディを保っている主婦もいます。
おばあちゃんになっても、海で水着になり、自然を楽しみ、笑顔でいたら素敵です。
その年でその年でその水着?とかその体系でビキニはないでしょう?とかそんなことじゃなくて、
やっぱり夏→海→水着→解放感→楽しい!は共通なのだから、まずは本人が楽しいことが一番!
人の意見を気にする水着選びじゃなくて、自分のテンションが上がる水着選びをすれば良いと思います。
一番身近にいるご主人に「そんな水着着るのー?」なんて言われたら悲しいですよね。
だから、世の男性にお知らせします。
奥さんがきれいでいられるかどうかはあなた次第なんですよ。
きれいな奥さんにはそれを応援するご主人がいるものです。
自分の奥さんの指摘をすれば、自分が奥さんをきれいでいさせてあげられる力がないんだ…と自覚しましょう。

結婚して何十年も経っていても、ご主人が一言「いいね、その水着!思い切って着てみなよ!」くらいのことを言ってあげたら、
奥さんはみるみるきれいになるものです。
男性のちょっとした一言で、きれいになれるのが女性です。
賢くなって欲しいものです。
自分の奥さんが生き生きときれいにしてくれている方が、ご主人にとっても嬉しいことではないでしょうか?
そしてその嬉しい、何気ない一言で女性は何をするのでしょうか?
水着を買いに行くために、子供たちを見ていてもらえるようにご主人のご機嫌をとる。
ここは女性の腕の見せ所。ご主人に上手に頼みましょう。
ご主人の大好物なお料理を作り、子供たちをみていてくれることに大感謝をします!
きちんと言葉と態度で示しましょう。
そして少々の時間をつくり、水着を探しに行きます。
そこで、色とりどり、様々なデザイン、目移りしながら水着選びを始めます。
気に入った何点かを試着室へ…。
そこでちょっと愕然とするんです。
「あぁ、この体系じゃ…」「お肌の手入れをしなくちゃ…」などなど若かったころと比べた自分がそこにいるのですから…。
ここが運命の分かれ道。

そこで好きな水着を諦めて、Tシャツに短パン程度に切り替えるか、
いやいやここで奮起、ダイエットを始め、お肌のお手入れに力を入れ、「この水着が似合うようになるぞ!」と前向きに取り組むか…。
ここで奮起した女性は強いです。年齢問わず、美しくなれると思います。
内面が出るものは大きいと思うんです。
意気込みって大事だと思うんです。
ダイエットをしようと思い立ったら吉日。
すぐに始めましょう。
いきなりすごいことをしなくても良いですよね。
毎朝30分早く起きて、ランニングしなくともウォーキングから始めるとか、
夜9時以降はモノを食べない…とか、甘いものを少し我慢するとか、ささやかなことからで良いと思います。
何よりも「スタート」することが大事ですよね。
お肌の手入れをしようと思ったら、でもお金はそんなにかけられない…。
そうしたら、手作り化粧品を作ってみる。(今はネットで色々紹介されていますよね)
ダイエットサプリのサンプルを取り寄せて試してみる。
脱毛サロンの無料体験に行ってみる。
水着に脱毛はかかせんませんからね。

お金をかけずに、まず出来ることってあると思います。
今は、女性にはやさしく有益な情報や場がたくさんあります。
サプリメント、サロン、など美容に関する情報がたくさんあり、価格もかなり低価格化していますね。
主婦たからと言って、いろんなことを諦めずに、その年その年の魅力って必ずあると思います。
若く見せるだけに固執せずに、今の自分に似合うこと、自分が楽しくてワクワクするようなことに
どんどん挑戦して欲しいと思います。
そんなワクワクタイムがあれば、また家族のために頑張れるのも女性ではないでしょうか?
子供たちに手作りおやつを…
ご主人においしい酒の肴を…
そして自分にご褒美も…
美しさも、幸せも自分次第です!